新品ローソファーの魅力とは

座面が低いソファーをローソファーと言います。家具が低くなることで、壁が見える面積が増え、開放感を感じるというのがローソファーのメリットです。部屋の中央に置かれることも考え、ローソファーは、背面もスッキリとオシャレに作られています。

ローソファーは、小さなお子さんやペットのいるおうちに、特におすすめです。愛犬が一般的な高さのソファーへジャンプで乗り降りすると、小型犬の場合、腰に負担がかかり、ヘルニアになる恐れがあります。しかし、座高面が20cmのローソファーであれば、ソファーへの上り下りが楽にでき、腰に負担がかかりません。座高面10cmであれば、さらに楽に上り下りできます。

4~5歳の頃の子供は、気づけばソファーでお昼寝してしまっているという事もあるのではないでしょうか。ローソファーであれば、もし子供がソファーから落ちたとしても、怪我をすることがないので、安心して見守ることができます。

ローソファーの種類って?

ローソファーを選ぶ時は、サイズ、座り心地、生地、色などを考慮して選ぶようにしましょう。ローソファーには、さまざまな種類があります。

コーナータイプのローソファーは、部屋の角を中心に配置できるソファーです。少し大きめのタイプですが、背丈がない分、圧迫感を感じることがありません。足をソファーに上げ、伸ばしてくつろぎたい人には、カウチタイプのローソファーがおすすめです。座面が前に長く飛び出しているのを利用して、横になってくつろぐこともできます。背もたれにしっかり寄りかかりたい人向けに作られたのが、ハイバックタイプのローソファです。背もたれは30cmから50cm程と少し高め、頭まで支えられるよう作られています。男性が寄りかかってもしっかりと体を支えてくれる安心感です。こたつと組み合わせて使えるフロアソファーは、和室に置いても違和感がありません。

フロアソファーは様々な大きさや形があるので、部屋の雰囲気や好みに合わせて選べる家具の中でも人気があるアイテムです。